HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow月極駐車場経営に必要な初期投資額
土地活用コラム

月極駐車場経営に必要な初期投資額

月極駐車場を始める場合に必要な設備は、周辺の駐車場状況を確認
してから決められた方が良いでしょう。

アスファルトで舗装するのかどうか?
照明機器を設置するのかどうか?
車止めを設置するのかどうか?
屋根を設置するのかどうか?

といった内容です。

設備が整っていればいるだけ利用者から選択される可能性はあがりますが、
基本的には月極駐車場の契約は自宅から近いところで契約する傾向
にありますので、過度な設備投資を空室率低下による収益UPのため
に行うのであれば、その費用対効果が合わないこともあります。

砂利地の駐車場でもアスファルト舗装の駐車場よりも少し安価に月極
賃料を設定すれば契約希望者はいるかもしれませんし、高級車が多
いエリアであれば、屋根をつけることで賃料をUPさせても契約希望
者が多い可能性もあります。

周辺駐車場の調査が大切です。近隣の不動産屋さんに情報提供を
求められるのも良いかもしれません。

そこで駐車場契約希望者数がわかるかもしれませんし、契約されやす
い駐車場の設備もわかるかもしれません。

利用者目線で設備を考えることと、投資に見合うリターンがあるかどうか、
そのバランスをしっかりと検討した準備を行ってください。

ちなみに100㎡(約30坪)の土地で乗用車8台の駐車場の場合で、
アスファルト舗装+区画線+番号表記+車止め設置
の工事を行うのに必要な費用は、

おおよそ70万円~90万円程度となります。


駐車場運営会社に一括借上げしてもらえば、土地オーナーさんによる
初期投資が不要なケースが多いです。
一括借上げの会社さんをお探しでしたら、こちらも是非ご活用下さい。
「駐車場収益改善のための契約見直しサービス」

  •  
  •  記事一覧
  •