HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow郊外向けの土地活用方法は?
土地活用コラム

郊外向けの土地活用方法は?

郊外に向いている土地活用としては、商業ニーズよりも住居のニーズの
方が高いので、アパートやマンション経営を行うのが一般的です。

しかし、郊外の住居は都心に比べると家賃設定が低い金額になるので
その分、投資利回りが低くなり、投資額の回収期間も長くなります。
20年や30年といった投資回収期間になるケースが多いようです。

投資利回りを優先して考える場合は、商業ニーズに合った活用方法を
を行なった方が良いです。

郊外でもロードサイドでしたら、コンビニエンスストアや飲食店、量販店
などを誘致出来る可能性もあります。
100坪以内の土地でしたら、上記の誘致が難しいケースが多いので、貸倉庫や
トランクルームなども考えられます。
貸倉庫やトランクルームはマンションやアパートと比較すると建築費用が
安いので、投資利回りが高く運用可能なのです。

周辺に駐車場が不足しているのであれば、駐車場経営が向いているケースもあります。
この場合は、初期投資が不要となりますのでリスクなく土地活用を行うことが
可能です。

周辺環境をしっかりと把握して、最適なプランニングを行うことが
郊外における土地活用においても大事なポイントです。

  •  
  •  記事一覧
  •