HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow一括借上げ方式とは?
土地活用コラム

一括借上げ方式とは?

「一括借上げ方式」は、「サブリース」ともいわれます。

土地活用としてアパートやマンションの賃貸経営、商業ビルの賃貸経営
を行うには運営上でいろいろな管理業務が発生します。
共用部分の清掃やトラブル・クレームへの対応、設備故障時の修理対応、
退去時の原状回復工事など様々です。
賃料の未払いが発生した場合のリスクも大きく、その対応には専門的な
知識が必要とされるものもありますので、オーナーさんが個人で対応する
のは困難です。

こういった賃貸経営上の様々な業務を全て不動産管理会社へ委託する
ことが「一括借上げ」=「サブリース」です。
管理会社がオーナーさんから契約物件を借上げ、それを入居者・テナント
に転貸するのです。
賃貸経営に関わる業務をオーナーさんが行う必要がなくなります。

不動産管理会社によっては、「家賃保証」や「空室保証」のオプションを
設定している会社もあります。
これは、たとえ空室でも毎月の賃料を保証するシステムです。
保証する不動産管理会社が賃料総額のおよそ80%~90%程度をオーナーさん
に支払います。
一定額の賃料が保証されますし、賃料未払いなどのリスクもなくなります
のでメリットがあります。

ただし、デメリットもあります。
保証賃料のベースとなる家賃設定を、家賃保証する不動産管理会社が決定
するという条件や、定期的な修繕工事を義務付けて、その工事内容と実施は
不動産管理会社が行うという条件などが設定されている場合です。

手間が掛からずに楽に経営出来る、というメリットだけでなく、デメリットも
しっかり把握して「一括借上げ」「サブリース」をご検討ください。

  •  
  •  記事一覧
  •