HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow新しい土地活用・太陽光発電
土地活用コラム

新しい土地活用・太陽光発電

東日本大震災時の原子力発電所の事故以来、クリーンなエネルギーの必要性が
日本国民に広く知れ渡りました。
そんなクリーンエネルギーの代表といえば、太陽光発電が挙げられます。

そして、平成24年7月にスタートした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」
によって広く普及しつつあります。

どのような土地が太陽光発電に向いているのでしょうか?

太陽光発電による土地活用に向いている土地は下記条件に当てはまる土地です。


・日差しを遮る物体が近隣にない土地
  発電量が大きい

・日射量が多いエリアの土地
  発電量が大きい

・固定資産税が安い土地
  支出が少ない

・地盤が固い土地
  基礎工事費用が安い

・電柱が近い土地
  送電するための電柱までの電線や電柱の工事費用が安い


上記条件を満たす場所は、街中よりも郊外や人が多く住まない場所の方が多いです。

一般的な土地活用は、街の中心街に近いほどその収益性や多様性が高くなりますが、
太陽光発電はそのような立地上の基準はありません。太陽光発電では場所を選ばない
のが特徴です。

太陽光発電には上記の立地的なメリット以外にも他にもメリットがあります。
それは次の機会に記載します。

  •  
  •  記事一覧
  •