HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow太陽光発電による土地活用で法人税対策を
土地活用コラム

太陽光発電による土地活用で法人税対策を

土地活用の方法のひとつに太陽光発電があります。
太陽光発電に土地を活用した場合には、法人税の軽減対策
にもなるのです。


太陽光発電による土地活用で法人税対策になる対象

平成27331日までに取得していることが条件となります。
これによりグリーン投資減税というものの対象になることが
できます。
グリーン投資減税利用で、法人税対策になるのです。


グリーン投資減税とは?

青色申告の個人や法人に対して行われるもので、自然エネルギー
設備取得後1年以内に事業用として用いたときにに、取得価額の
30%の特別償却、または7%の税額控除、即時償却(取得価額の
100%全額償却)があります。


グリーン投資減税①7%税額控除

中小企業者対象です。法人税・個人事業税の20%を最大とします。

例)太陽光発電へ投資;1,000万円、年間の売上額;3,000万円、
課税率が30%の場合。このようなときに発生する税金は900万円です。
しかし、グリーン投資減税で1,000万円分の7%である70万円が減税と
なり、支払う税金額は、830万円となります。


グリーン投資減税②特別償却で初年度30%償却

太陽光発電へ投資を1,000万円したときには、その30%である
300万円を初年度の償却額とすることができます。
これにより節税可能です。


グリーン投資減税③即時償却

初年度の即時償却を100%償却をすることで、法人税を軽減できます。
30%償却の場合と比べると、こちらのほうがお得になる企業が多い
ようです。

  •  
  •  記事一覧
  •