HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税とは?
土地活用コラム

相続税とは?

相続税とは何?

相続税というのは、ある人がなくなった時に財産を相続した時にかかる税金のことです。
この相続税の納税義務が発生するのは財産を相続した相続人とされています。
相続税は相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に収めることになっていて、
もし期限までに申告と納税が行われなかった時には、加算税などの対象となることがあります。 
なお相続税の法令が改正され2015年1月1日以降に発生した相続分から新法令が
適用されることになっているので、注意が必要です。



相続税の制度改正後の基礎控除額

2015年1月1日以降の相続分から新しい基礎控除と税率が適用されることになっています。
これによって相続税の対象者が広がり、遺産が1億円を超える部分の税率などが細分化
されることになります。
基礎控除額の変更は現在「5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人数」となっているのが、
「3,000万円 + 600万円 × 法定相続人数」となります。
基礎控除額以下の相続であれば、基本的に申告の必要はありませんが、配偶者控除の
適用などを受ける場合には申告が必要なケースもあるので注意が必要です。


相続税対策の生前贈与の注意点

相続税対策として行えることにはいくつかあります。

まず考えられるのは生前贈与です。1年間で110万円までであれば、税金がかからずに
贈与することができます。
しかし税金がかからないからといって毎年決まった人に110万円を贈与し続ける場合には、
贈与そのものを否定され課税対象にされる可能性があります。
さらに相続からさかのぼって3年間に行われた相続人に対する生前贈与は課税対象
となるので注意が必要となります。

 

  •  
  •  記事一覧
  •