HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税に関連する用語(相続人・被相続人・法定相続)
土地活用コラム

相続税に関連する用語(相続人・被相続人・法定相続)

相続税に関する言葉で相続人と被相続人とは

相続税の話をするときに必ず相続人と被相続人という言葉が出てきます。
まず被相続人というのは、亡くなって遺産を残した人のことを指している
言葉で、相続人というのは、財産を相続する人を指して用いられています。
被相続人は亡くなった方一人となりますが、相続人は法律で定められている
親等の範囲で複数になることもあります。
この相続人の範囲は配偶者とその子供が第1順位の相続人と定められています。
もし第1順位の相続人がいなければ父母などの直系尊属が第2順位の相続人
となり、第2順位の相続人がいない場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が
第3順位の相続人と定められています。


相続税の法定相続分とは

相続税の法定相続分とは、民法で定められている財産の分配の割合で、
裁判になった時などに当てはめられるものです。もちろん相続人同士の話し合いに
よってきちんと合意した相続に関しては、法定相続分に縛られることなく自由に
決めることができます。
法定相続分は基本的に配偶者に2分の1、残りの2分の1を子供の人数で等分すること
になります。
もし配偶者と父母で分配する場合には、配偶者は3分の2、父母の分配分は3分の1と
定められています。

法定相続分と養子

相続税に関する規定では、相続税を不当に安くできないように養子の人数に制限が
ありますが、遺産相続という民法の規定では特に制限が設けられていないので、
誤解しないように注意が必要です。
きちんと養子縁組の手続きがなされていれば、法定相続分が養子にも適用されること
になります。
父親がなくなった時に、再婚した母親の連れ子であっても養子縁組されているので
あれば、法定相続分を受け取ることができます。
さらに養子は養子縁組された養父母の相続以外にも、実親の相続に関しても相続する
権利が保証されています。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •