HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税に関連する用語(相続放棄・欠格・排除)
土地活用コラム

相続税に関連する用語(相続放棄・欠格・排除)

相続放棄・欠格・廃除の違い

相続にまつわる手続きの中に放棄や欠格、廃除というものがあります。
これはどれも相続財産を相続人が受け取らない、若しくは相続人が受け取れなくなる
手続きのことで、それぞれ手続きを行う人が変わってきます。 
そのため手続きは慎重に行う必要があり、相続放棄は相続人、相続欠格は該当する
相続人以外の相続人、相続廃除は被相続人が行う必要があります。更に手続きを行う
時期も様々なため、それぞれについてしっかりと知っておくことが重要です。

 

相続放棄を行うにはどうするか

相続放棄は、相続人が自らの意思を持って、相続財産を放棄することです。
親との折り合いが悪かったり、相続財産が借金などしかない場合、更には他の相続人が
事業を承継するためにあえて放棄する場合など、放棄する理由は様々です。
相続放棄を行うには相続発生後に家庭裁判所に手続きを行うことが必要で、
被相続人の生前から手続きを行うことはできません。また3ヶ月以内に相続放棄の手続き
を取らないと、相続を行う意志があるとみなされてしまうため、注意が必要です。


相続欠格と廃除の違い

相続欠格は、該当する相続人が不正な行為を働いていたり、被相続人に対して犯罪行為
などを行い、相続人にふさわしくないと考えられた際、他の相続人が家庭裁判所に手続き
を行い認定されることで、該当する相続人から相続権を奪うことができます。これは被相続人
の意思によらずとも手続きを行うことができるため、相続発生後に手続きを行うこともできます。
ただし代襲相続は可能なため、その点については気をつける必要があります。
相続廃除は被相続人の生前に、該当する相続人が犯罪行為などを行うことで、相続人に
ふさわしくないと判断された時に被相続人自らが行う手続きのことです。
遺留分も含めて相続権を剥奪することはできますが、代襲相続は可能なため、相続欠格と
同じく注意する必要があります。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •