HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税対策が可能なケースと不可能なケース
土地活用コラム

相続税対策が可能なケースと不可能なケース

相続税対策あれこれ

相続税法が改正され、今まで相続税がかからなかった世帯にも相続税の問題が
重くのしかかるようになりました。そのため今以上に相続税対策を行っていかなければ
なりませんが、中には状況によって相続税対策が不可能になってしまうケースもあります。
そうなると多額の税金を収める必要が出てくるため、出来る限り相続税の対策をできる
ときにしてしまうのが理想です。
そのためにも相続税対策が可能か不可能かを早めに知っておくことが重要といえるでしょう。


相続税対策が可能なケース

相続税対策が可能なケースとして、基本的に分割しやすい若しくは移動しやすい財産を
多く持っている場合が挙げられます。移動させやすいということはそれだけ生前の内に
対策をしやすいためで、不動産を購入し、その名義を相続人に移したり、同族会社の法人に
移転するだけでなく、贈与も活用することで適切に財産を相続人に移動させることができる
ため、結果として相続税対策を行うことができます。
その他にも様々な方法があるため、基本的に相続税対策が可能なケースは非常に多いと
いえます。


相続税対策が不可能なケース

相続税対策が不可能なケースとして、被相続人に認知症等が発生し、本人に判断能力が
なくなる場合です。
自分の意志がはっきりしていれば遺言書を書くことも財産を移動させることも簡単に行えますが、
判断能力がなくなってしまうと、その対策が全て不可能になってしまいます。そのため後見人が
つくほどの判断能力であれば、基本的に相続税対策は行えないと言っても過言ではありません。
万が一に備え、予め相続税対策などを適切に計画しておくことが重要といえるでしょう。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •