HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税対策 ケース1(更地の土地がある人の場合)
土地活用コラム

相続税対策 ケース1(更地の土地がある人の場合)

さまざまな税金

生活していくうえで、さまざまな税金がありそれを納めなければなりません。
もっともよく知られている税金は、消費税であり、また所得税や住民税もよく知られています。
これらは買い物をするたびに払うものや毎年払う税金であり、節税のための対策は立てにくい
税金でもあります。
これらとは異なり、数年、数十年単位での税金であり節税対策ができる税金もあり、その中の
ひとつに相続税があります。
相続税とは、人の死亡によりおこる財産の移転、つまり相続に関して課される税金で、
財産にはさまざまな形のものがあり、それにより節税対策も異なります。


更地に関する評価額

相続税は、個人の死亡時に所有している財産に対して税金がかかります。不動産に関する
節税対策にもさまざまあり、所有している土地が、畑や田んぼであるのか、建築物が立って
いるか、更地であるのかで、その土地にかかる相続税は異なってきています。
相続税が減少する理由としては、相続税の評価額が下がる必要があります。所有している
土地の評価は、路線価価格に土地の面積を乗じた評価額となります。
そのため、この評価額を下がるために様々な対策を行う必要があります。


更地の相続性対策

更地の土地の評価額は、土地の路線価に面積を乗算して出します。この評価額を低くする
ために最も広く使われる手としては、アパートやマンションを建築する方法です。賃貸物件を
建築した場合、相続税評価額は路線価に面積を乗じたものの評価額より21パーセント評価
が減額されることになります。
また、建物の相続税評価額は固定資産税評価額と同等であり、固定資産税評価額は建築
にかかった金額の約50パーセントになります。そのため建物の相続税評価額は建築価格
よりも低く評価され相続税対策に有効となります。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •