HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税対策 ケース3(自宅の建替を検討する場合)
土地活用コラム

相続税対策 ケース3(自宅の建替を検討する場合)

相続に際し自宅の建て替えを検討する場合

相続税対策として、自宅の建て替えを検討される方は多いです。
その理由として多くの場合現金をそのまま持っておくよりも自宅の建て替えを行うほうが、
結果として相続発生時の財産を抑えることができるからです。また相続発生後のことも考え、
2世帯住宅を建築する場合も少なくありません。
ですが場合によっては相続発生時に不利になることもあるため、しっかりと自分の現状と
照らしあわせ、問題の内容に自宅の建て替えを行うことが必要となってきます。


自宅を建て替えた際の節税効果

相続が発生した際に、現預金であれば保有している額がそのまま相続財産となります。
しかしそのお金で自宅を建て替えた場合、建物の価値は固定資産税評価額を元に
相続財産としての価値を計算するため、結果として相続財産を減らすことができます。
また借入金などを利用して建て替えた場合、相続の際に債務として資産と相殺することが
可能なため、相続税額を抑えることもできます。
そのため現金のまま保有しておくよりも、自宅を建て替えた方が基本的に有利になると
いえます。


自宅を建て替える際気をつけること

自宅を建て替える際に気をつける点として、名義をどうするかといった問題があります。
例えば相続人が現金を出し、名義を子や妻にしてしまうと贈与税が課せられてしまいます。
そのため2世帯住宅として自宅を建て替える場合、各人が支払った金額で名義を按分する
必要があります。
また建て替えの契約を結ぶ前に相続が発生してしまうと、課税価格を抑えることのできる
小規模宅地の特例が利用できない場合もあります。
そのため相続税対策として自宅の建て替えを検討するなら、できるかぎり早めに手を打つことが
重要といえるでしょう。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •