HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続と贈与はどちらが得か?
土地活用コラム

相続と贈与はどちらが得か?

相続と贈与

親から財産を受け取る場合には、どのような方法があるのでしょうか。その方法というのが、
大きく分けて相続と贈与という方法になります。
相続の場合には、親が亡くなってから遺産をもらうという方法となり、一方の贈与は親の
生前に財産を受け取るという方法になっています。
どちらの場合にも変わりはないと思っている人もいますが、相続も贈与もどちらも財産を
受け取る際には税金を支払う必要があるのです。そのため相続と贈与について考える
場合には、税金の問題について考えることが大切なことになります。


どちらがお得なのか

では、相続税と贈与税としてはどちらを支払うほうがお得なのでしょうか。
一般的な条件の場合には、贈与税よりも相続税のほうが税金として支払う金額は少なく
なっています。
同じ額を財産として受け取る場合でも、相続税のほうが税金は少なくて済むのです。
そのため少しでも税金として支払う金額を少なくしたいと考えているのであれば、財産は
亡くなった後に子供たちに分けるというほうが、多くの財産を残すことが可能となっています。


贈与のほうが得をする場合

ですが、すべての場合において相続のほうが得かというとそうとは限りません。
場合によっては、贈与のほうが得になるというケースも存在しているのです。
例えば資産価値が上がってくるというものも存在しています。土地の値段が上がった場合
には、亡くなってから相続する場合、価値が上がっているので多くの税金を支払うことに
なるのです。
このように価値が変動するものに関しては、先に財産を贈与しておくことも得をするため
には大切なことです。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •