HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続と贈与を効果的に使い分ける方法
土地活用コラム

相続と贈与を効果的に使い分ける方法

相続税と贈与税

相続税法が改正され、一般家庭でも相続税対策が必要となってきました。
その際相続税の対策として、贈与を利用する場合は多いです。ですが場合によっては
相続の時点で清算したほうが有利となる場合もあるため、適切に判断し使い分けることが
重要です。
判断するためには、自分の場合は相続税がどの程度かかるのか、相続税と贈与税の
どちらがどういった状況で有利になるのかをしっかりと知り、自分に合った対策を行うことが
最も重要といえるでしょう。


相続の方が有利なパターン

相続のほうが有利なパターンとして、財産が基礎控除額以内で収まる場合が挙げられます。
相続税が課税される財産が基礎控除内で収まれば、そもそも相続税が課せられないため贈与
を行う必要がなくなります。
次に土地を多く持っている場合で、土地を贈与した場合、受贈者には贈与税の他に不動産
取得税が課せられますが、相続で取得した場合は不動産取得税は課せられません。
これは相続により名義が変わっただけと判断されるためです。ただし相続時精算課税制度を
利用した場合は贈与に当たるため、不動産取得税が課せられるので注意が必要です。


贈与のほうが有利なパターン

贈与のほうが有利なパターンとして、賃貸物件など収益物件を多数持っている場合が挙げら
れます。
収益物件は所有している限り利益を生み続けるので、長期間保有するとそれだけ相続財産が
増えてしまいます。
そのため相続時精算課税制度などを利用して早めに相続人に名義を移転しておくことで、
相続時の財産を減らすことが可能です。
次に20年以上婚姻期間のある配偶者がおり、居住用の不動産を所有している場合が挙げられ
ます。
この場合であれば贈与税額の基礎控除の他に特別控除を受けられるため、贈与税が一切
かからず不動産の名義を配偶者に移すことができますが、不動産取得税はかかるため注意が
必要です。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •