HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow相続税トラブル回避のための事前対策 1(土地活用の管理を法人化)
土地活用コラム

相続税トラブル回避のための事前対策 1(土地活用の管理を法人化)

土地の管理を法人化するメリット

不動産を多く持っている相続人の相続が発生すると多額の相続税がかかります。
そのため様々な対策を行う必要がありますが、有力なのは土地や建物といった不動産
の管理のために、法人を設立することが挙げられます。
基本的に個人の所得税率と住民税率を合わせた額より法人税の税率のほうが低く、
また収益物件を法人名義にすることで、家賃収入などにより相続財産が増大していく
危険性を抑えることができます。そのため出来る限り早めに法人を設立し、物件の管理を
任せる必要があるといえます。


土地活用の管理を法人化するメリット

土地活用の管理を法人化するメリットは多々あり、前述の相続時の財産の増大を防ぐ点の
他にも、様々な税制優遇措置が利用できることなどが挙げられます。
また不動産を生前に贈与すると不動産所得税や登記費用などがかかりますが、一度法人
に移動させ、その際に受け取る金銭又は借入金を基礎控除内で贈与するようにしておけば、
贈与税や不動産所得税がかかることなく、相続人に財産を移すことができるため、
結果として相続税を抑えることにつながります。


土地活用の管理を法人化する際に気をつける点


土地活用の管理を法人化する上で気を付けなければならない点として、法人に課せられる
手続きの複雑さが挙げられます。
特に個人の場合社会保険は一定の条件を満たした場合のみ加入する義務がありましたが、
法人化するとほぼ強制的に加入する義務を負わなければなりません。また個人の時は年に1回
確定申告をすればよかったのですが、法人の場合、一定の利益が出ると中間申告や予定申告
を行う必要が出てきます。
様々な点から比較検討を行い、相続税対策のために法人化するかどうかを決めることが重要と
いえるでしょう。

 

 

 

  •  
  •  記事一覧
  •