HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow駐車場経営のデメリット
土地活用コラム

駐車場経営のデメリット

駐車場経営のデメリットは下記3つです。

 

1)税制上の優遇措置が少ない
 a.固定資産税
   固定資産税は「更地」の評価になります。
   優遇措置のある「住宅用地」にはならないので、固定資産税や都市計画税の
   軽減がありません。
   なんと、東京都の場合では住宅用地の約6倍にもなります。
 b.相続税
   相続税評価も「更地」の評価になります。
   評価減となる「貸宅地」や「貸家建付地」になりません。小規模宅地の評価減
   も「200㎡まで50%」に抑えられます。
 c.所得税
   初期費用がかからない場合、減価償却費がありません。また、必要経費もほぼ「0」
   になるので、所得税が加算される部分も大きくなります。

 

2)立地に左右されやすい
 駐車場(特にコインパーキング)の集客は立地によって大きく収入が左右されます。

 

3)収益額が少ない
 賃貸ビルや賃貸アパートに比べて、その土地から得られる収入額は少なくなります。
 場所によっては、収入から各種税金を支払うと収益が殆ど残らないケースもあります。

 

  •  
  •  記事一覧
  •