HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow駐車場経営による税制メリットとは?
土地活用コラム

駐車場経営による税制メリットとは?

更地のままにしておくと、固定資産税などが高くかかってしまい利用
できないものに対してお金を毎年支払わなくてはならなくなります。

どんなに土地を多く持っている人でも、税金のために3代もすれば
資産はなくなってしまうといわれているほどです。

そんなことを防ぐために、土地を活用したいと思う人も多くいると思います。
ここでは駐車場を経営するとどんな税制メリットがあるかということに
ついて考えてみたいと思います。

・所得税の軽減が可能になる可能性がある

駐車場経営を始めると、さまざまなものが経費として計上できるように
なります。
たとえば固定資産税や整備にかかった費用などです。
駐車場を経営して得るようになった収入は、確定申告で申告する義務が
生じます。
所得税は、他の事業で得た収入や給与所得で得た収入と合算で計算する
ことができます。
もしも、収入が必要経費よりも少ないのであれば、その分所得税の軽減
を期待できます。


駐車場経営はほかの土地活用方法と違って、税制面でのメリットは少ない
土地活用方法
といえます。
しかし、その分初期投資も少ないですし、もしも経営が失敗したときの
リスクも少ない
といえるのです。

メリットもあればデメリットもあるのです。

  •  
  •  記事一覧
  •