HOMEicon_pankuzu_arrow土地活用コラム icon_pankuzu_arrow駐車場の上の空間を“空中店舗”で有効活用
土地活用コラム

駐車場の上の空間を“空中店舗”で有効活用

条件が整っていれば、ローリスク&ハイリターンの経営が期待できるのが
商業ビル・テナント経営です。
商業ビル・テナント経営にも様々な形態がありますが、当社がお勧めして
いるのが、 駐車場経営とテナント経営を融合した「フィル・パーク」です。

今回は若干、手前味噌になりますが、フィル・パークの魅力について説明
させていただきたいと思います。


◆フィル・パークって何?

フィル・パークは、1階を駐車場として賃貸し、その上(2・3階~)のスペースを
店舗用・オフィス用のテナントにする、土地活用・賃貸経営の新しいかたちです。
駐車場の上の空間を「空中店舗」として有効活用するとお考えください。

都心の一等地でも時間貸しの駐車場(コインパーキング)をよく見かけますが、
「上のスペースを利用しないのはもったいない!」
「何か有効に使う方法はないだろうか?」
という発想から生まれたのがフィル・パークです。

駐車場の上に鉄骨造の建物を建築し、そこにテナントを誘致することで、安定的な
収益を生み出す駐車場を残しつつ、テナントからの賃料も得るという仕組みです。


◆フィル・パーク~3つのメリット~

◎メリット01 コストを抑えて収益率向上

当社では、土地の周辺環境を考慮したテナント誘致保証を行っており、
カフェやインテリアショップ、ヘアサロンなど、都心部で需要が見込めるテナント
だけでなく、郊外の住宅地においても学童保育やデイサービスセンターなど
幅広いテナント誘致を 行っています。

テナントに合わせて設計・デザインした建物で高い賃料設定を実現するとともに、
コストパフォーマンスに優れた3階建てを標準とし、基本的にエレベーターを設けないこと
でランニングコストを抑えています。

様々なノウハウによって、オーナー様の負担軽減&収益向上を図り、早期の投資回収に
つなげています。


◎メリット02 相続税対策として有効

フィル・パークは、相続税対策としても効果的です。
駐車場だけしか経営していない場合、土地は更地として評価されますが、建物を建てて
貸していると「貸家付宅地」となって不動産の評価額が下がるからです。

また、駐車場からの収入にテナント収入が加われば、相続税の納税資金準備も進めやすく
なりますし、物件の売却あるいは物納によって納税の負担を軽減することもできます。


◎メリット03 計画的な不動産活用ができる

フィル・パークでは通常、テナントと5~10年の定期借家契約を結びます。
アパマン経営のように「やめにくく」なるリスクはなく、数年後の使い道が決まっている
土地でも無駄なく活用できます。



◆駐車場+空中店舗のススメ

「駐車場にしている土地をもっと有効に活用したい」
「短期で投資を回収できる相続税対策を行いたい」
「アパート・マンション経営をするには土地が狭い」

フィル・パークはオーナー様の多様なニーズに応えられる土地活用の新しいスタイルです。
狭い土地や不整形な土地など、やむを得ない理由で駐車場にしている土地でも、
立地的にアドバンテージがあれば空中店舗をつくることはできます。
実際に、車1台分の駐車場の上につくった空中店舗もあります。



フィル・パークの詳細は当サイトのほか、以下の特設ページでも解説していますので、
ご興味のある方はぜひご覧ください。
>>駐車場+建物「空中店舗」という新しい土地活用

  •  
  •  記事一覧
  •